新着順:40/2129 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「ヘイトスピーチの現時点における法規制の是非」に関するやりとり一覧

 投稿者:園主メール  投稿日:2015年 2月 1日(日)22時27分2秒
  通報
  ★ 海原健叡さま

お気をつけて

> 東京をお気をつけてお楽しみくださいませ。お返事はまた落ち着いたらお願いいたします。

「応答」が遅くなってしまい、申し訳ございませんでした。

今回アップしました拙論「海原健叡氏の論法とその本質」の内容については旅行前から決まっていたのですが、やはりそれなりに長いものとなりますから、下手な文章をひととおり推敲するだけでも、時間がかかってしまいました。

なお上記拙論中にも書いておりますとおり、今回はこれまでのそれとは違い、海原さまへの直接的な「応答」ではなく、私たちの議論の意味を解説する「総括的な論文」となっております。
これは、これ以上、海原さまと「ヘイトスピーチに対する現時点での法規制の必要性の有無」に関する議論を続けても、そのテーマを論ずることにはならず「議論が成立しない理由を、相手に求めるだけのもの」にしかならないと判断したからでございます。

したがいまして、今回の「海原健叡氏の論法とその本質」を持って、貴兄とのこの問題に関する議論は打ち切りたいと存じます。
ですから、今回の拙論に対する応答なり反論なりは、ご自分のブログの方で為さっていただきたいと存じます。

しかしまた、これまでのところ、貴兄のブログの側での、この議論に関する紹介は、『誰もが小さなロベスピエールになる~民主主義国家の原罪~』ページの冒頭部の、

『前回の論考につき、アレクセイ様(http://8010.teacup.com/aleksey/bbs)からお返事を頂きました。もちろん私の方もすぐに再応答をしたかったのですが、その前に少々「準備」が必要になると感じ、その旨をあちらの掲示板にも書き込んで参りました。と申しますのも、アレクセイ様と私の間には国家観・権力観・民主主義観を巡ってのかなり厄介な差異が横たわっており、それを鮮明にさせないと議論が先に進まないと考えるからです。この点につき既にアレクセイ様のお立場についてご説明を頂いておりますので、私の方で自身の国家観や権力観を明らかにし、そのうえで意見交換を再開したいと思います。
この論考は、直接的には私の国家観・権力観・民主主義観の表明です。そして間接的・部分的には、アレクセイ様のご返答に対する私からの再応答にもなっています。ですから、アレクセイ様の掲示板でのご発言も参照したうえでお読みくだされば、2人の考え方の差異が浮き彫りになるかと存じます。』

という紹介文に止まり、読者に対して親切のものとは言えないと存じますので、少なくともこれまでのやりとりについては、貴兄のブログの記事として、下の「やりとり一覧」と「アレクセイのコメント」をアップしていただければと存じます。

お手数ですが、お互いに自己の論説の正しさを信じて行動している者として「公平な意見紹介」を期していただければと存じます。よろしくお願い致します。

---------------------------------------------------

【「ヘイトスピーチの現時点における法規制の是非」に関するやりとり一覧】

(01)海原健叡  「在特会のことなど」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2302
(02)アレクセイ 「映画『フューリー』における信仰告白」 ※ 海原氏へのレス部分
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2303
(03)海原健叡  「ネットと権力と近代の再構~在特会を巡って~」
         (http://igo-omishiriokio.at.webry.info/201501/article_1.html
(04)アレクセイ 「迷えるイエスと迷える悪魔の対話」 ※ 海原氏へのレス部分
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2307
(05)アレクセイ 「トゥー・テ・ビアン」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2310
(06)海原健叡  『誰もが小さなロベスピエールになる~民主主義国家の原罪~』
         (http://igo-omishiriokio.at.webry.info/201501/article_2.html
(07)海原健叡  「再応答」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2312
(08)アレクセイ 「悪霊 あるいは 不可視の獄」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2313
(09)海原健叡  「どこどこまでも……」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2314
(10)アレクセイ 「「議論」とは何か」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2315
(11)海原健叡  「続けるか、打ち切るか」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2316
(12)アレクセイ 「学問の権威と権威主義の違い」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2317
(13)海原健叡  「法とは権威主義でフィクションである」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2318
(12)アレクセイ 「「問答無用の法学」論」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2319
(13)海原健叡  「「公理」は否定できない 」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2320
(14)海原健叡  「訂正」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2321
(15)アレクセイ 「海原健叡氏の論法とその本質」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2324
(16)アレクセイ 「「ヘイトスピーチの現時点における法規制の是非」に関するやりとり一覧」
         (http://8010.teacup.com/aleksey/bbs/2325

---------------------------------------------------

【アレクセイのコメント】

「ヘイトスピーチの法規制」問題をめぐって、「法規制推進派」の海原健叡さんと、「法規制慎重派」の私との間で交わされたやりとりは、すくなくとも私の側からすると、(15)の「海原健叡氏の論法とその本質」をもって一応の完結となりました。
拙論「海原健叡氏の論法とその本質」は、この一連のやりとりの意味を、私の側から総括した、一種の「まとめ」であり、そこに私がこれでやりとりを打ち止めにした理由も示されています。
その理由とは、簡単に言えば「このまま続けても、ヘイトスピーチの法規制の是非論議にはならないと判断した」というものです。

読者諸兄には上の「やりとり一覧」を提供しますので、できるならば「頭から順にぜんぶ読む」ことを期待したい。ですが、なにしろ相当なログの量になってしまったこのやりとりを「頭から順にぜんぶ読む」というのは、そう簡単なことではないというのも事実だと思います。私自身、これが他人の議論なら、せいぜい流し読みをすればよいところでしょう。

だから「まずはざっとでも全体観を掴んで、読むに値するやりとりだと思えば、頭から順にぜんぶ読みたい」という方には、手前味噌ながら、私の「まとめ」である「海原健叡氏の論法とその本質」を、最初に読むことをお奨めしたいと思います。
しかし、これも海原さんにすれば「一方的な刷り込みになりかねない」ということになるでしょうから、その点についてのフォローは、海原さん自身がなされると思いますので、それはそちらにお任せしたいと思いますし、なによりも読者の皆様には、私と海原さんのどちらが「事実に即して語っているか」を、「やりとりのすべて」を読むことでご確認いただければ、それがベストであることは、論を待たないと思います。

ともあれ、私たち議論当事者双方がしなければならないことは、すべてのログを公平に公開して、読者のそれぞれの判断に委ねるということだと思います。
私も、そしてたぶん海原さんも、自身の立論の正しさを確信しているはずですから「二人の意見を、すべての人に広く公開したい」という点では、意見は一致しているはずですので、私としてもこのやりとりを、一人でも多くの人に読んでもらえるように、今後とも努力していきたいと思っております。


 2015年2月1日

http://www80.tcup.com/8010/aleksey.html

 
》記事一覧表示

新着順:40/2129 《前のページ | 次のページ》
/2129