teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:衝撃の事実拡散  投稿日:2016年 8月 2日(火)06時35分48秒
  拡散文書

公明党(創価)が、一般人や学会員を病気にしたり、事故に合わせたりする、危険な組織だって事が世間に知られてないので、拡散させてます

犯罪組織を特定して、拡散していく事で、この犯罪は減って行きますから、メクラ滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

この犯罪の主犯各は、アメリカ諜報機関(スパイ組織) のNSA(アメリカ国家安全保障局)です

創価が、アメリカ諜報機関CIA (アメリカ中央情報局)の下部組織ってのもあって、これは『NSA』っていうスパイ組織が、創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

公明党が与党になってから、精神科、心療内科が急増、障害者手帳を持つ人が急増、向精神薬の売り上げ急増、教師の長期休暇急増、精神障害の労災請求者急増。何十年にも渡って、人知れず多くの人に災いを与えて来た政党が、公明党(なりすましのNSA )です

多くの人を病気にしてるのに、この犯罪が、世間に漏れ出してない理由は、遠隔から私生活を監視盗聴して、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

この犯罪は、人工衛星を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

NSAは、生き物を意のままに操る技術も持ってますし、あらゆる痛み、あらゆるカユミ、あらゆる病気を作り出す技術も持ってます

NSAは、気象を操作して、大雨を降らす事も出来ますし、地震すらも人工的に作り出せます。東日本大震災や熊本地震もこいつらの仕業です

NSAは、世界中に通信傍受(盗聴)施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、盗聴出来ます。青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受施設があります

NSAは、遠隔神経監視(リモートニューラルモニタリン
グ)技術を使って、世界中の人間を24時間体制で、監視してます

地球上の人を、24時間体制で監視盗聴して、その家庭の家族構成、生活スタイル、家庭環境等の情報を取り込んで管理し、創価の用途に応じて、それに適した人間を瞬時に選び出して、功徳や仏罰や嫌がらせに利用します

創価のオハコ芸、ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)は、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカー(ギャングストーカー、ガスライティング、コインテルプロ、自殺強要ストーキング)は、警察に通報させないように、警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

くしゃみをした時の周波数と、同じ周波の波動当てると、人為的にくしゃみを出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz(メガヘルツ)、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波数を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。虫は、波長340~350nmの紫外線に引き寄せられやすいです。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、科学技術を用いてヤってます

ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、50Hzで生理痛、52Hzでてんかん、60Hzで痙攣、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

特に、公明の支持母体、公明の栄養源である、創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

この世のあらゆる病気、あらゆる痛み、あらゆるカユミ、争い、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災、自然災害、ありとあらゆる災いを作り出してる組織がNSAです

剛力彩芽のなりすましが、「北川景子貧乏くさい」「忽那汐里は虫みたいな顔」等の中傷をTwitterでしてましたけど、SNSやネット掲示板等でなりすましする人は、暴言吐いたり、荒らしたり、やりたい放題やります

相手の着ぐるみ付けてヤるので、中傷しても責められのは相手のみ、後で自分が責められる事は無いです。人は、身元が特定されず、罰則をくらわないってわかると、理性のタガが外れて、やりたい放題やる生き物って事です

現実社会では、面と向かって中傷する人は少ないですけど、ネットの中は、暴言や中傷だらけです。顔が認識出来る実社会で中傷すれば、特定され、後で責められて酷いめに合うんで、中傷がやりづらくなります。ネットの場合は、顔も見えないですし、匿名性ゆえ不特定多数の中に紛れ込めるんで、後で責められる事も無いです。だからネットは、誹謗中傷の温床になってます

創価の着ぐるみつけたNSAっていうスパイ組織が、創価になりすまし、悪の限りを尽くして傍若無人な振る舞いが出来るのも、後で自分らに火の粉が降りかかる事が無いからです。こいつらに火の粉が降りかかるようにしないと、際限無く悪事を働くので、NSAの名を全面に出して広げてます
 
 

セントラルのパーソナルトレーニングに物申す

 投稿者:たかみー  投稿日:2016年 3月17日(木)19時25分35秒
  約2年ぶりの書き込みです。
この掲示板、まだ見てる人いるのかな?
今回、どうしても書きたいことがあるので、書き込ませていただきます。

北仙台のM崎先生のファイトアタックのセッションは大体2ヶ月やって、1ヶ月お休みというパターンだったので、
セッションがない時は、日曜日にA藤先生のFA BEATに参加していました。
それが、昨年の10月からA藤先生のFA BEATがなくなってしまいました。
M崎先生のファイトアタックのセッションも、M崎先生が忙しすぎて今後の開催が難しいと10月に聞きました。
色々考え、やっぱり実際に打撃を加えるレッスンが受けたくて、11月に泉の運転免許センターの近くにある鷹虎キックボクシングジムに入会。
サンドバッグにキックやパンチをしたり、会長にミット打ちをしていただいたりして、楽しく練習しています。

また、今年に入ってから施設利用チケットを使って日曜日にINSPAに通い、バレエ初級のレッスンに参加しています。
(レッスンの前後には筋トレもしています。ちなみにレオタードは着ていません。)
以前通っていた整骨院の先生から「バレエは全てのスポーツの基本だから、キックボクシング上達のために、
半年でも一年でもいいからバレエを習うといい。」と言われたのがきっかけです。
10年ほど前に某カルチャースクールでバレエを習った時には、楽しいと思えなくて、すぐにやめてしまったのですが、
今回はキックボクシング上達のためと割り切って始めることにしました。
本格的にやるつもりはなかったので、バレエ教室ではなく、気軽に通えるスポーツクラブのレッスンにしたのですが、今回はレッスンが楽しい!
初級クラスとはいえ、周りはもう何年もそのクラスに通い続けているらしい方ばかりなので、ついていくのが大変です。
先生からしょっちゅう注意されていますが、「注意されるのは見込みがあるからだ」と前向きに考え、頑張っています。
少しでも早く覚えようと、大人のバレエ初心者向けのDVDを買って観たり、バレエ用語集という本を読んだりしています。

そして、今年に入ってから週に一度、セントラル仙台で筋トレをしています。
キックボクシングジムに通う前は、金曜日の夜に北仙台のセントラルで筋トレをしていたのですが、
土曜日にキックボクシングジムに通うようになった関係で、曜日を変更しました。
金曜日以外であれば、セントラル仙台は職場からく、帰り道にあるので、仕事帰りに寄るのにちょうど良いです。
(セントラル仙台は金曜日が定休日)

2年前の1月と2月にファイトアタックのセッションがなかった時期に、M崎先生に
「よりパワーとスピードのあるパンチやキックができるようになりたい」とお願いして、パーソナルトレーニングを何度か受けました。
基本的にその時に教わった内容を自分でトレーニングしていたのですが、トレーニングがキックボクシング上達に直結していない気がして、
自分でやる筋トレに限界を感じていた2月の終わり頃、バレエの先生から「背中が硬い。肩甲骨の辺りの動きが悪い。」
と言われました。
背中が硬いことは、以前、カラーズでパーソナルトレーニングを受けた時に、S木先生にも指摘されていました。
キックボクシング上達のためにも、バレエ上達のためにも、背中を何とかしなければと思い、2月の終わり頃、A藤先生に
「背中を中心として、柔軟性のある筋肉を身に付けたい」とパーソナルトレーニングを申し込み、
少しでも安くなるように、8回分のチケットを購入しました。

A藤先生のパーソナルトレーニングは、自分ではやらないようなことばかりで、新鮮でとても楽しいです。
キックボクシング、バレエ、そしてA藤先生のパーソナルトレーニングと充実した生活を送っていました。
毎日が楽しくて、「幸せだな~、こんなに幸せでいいのかな~、後はA藤先生が転勤にならないことを祈るばかりだな~」と思っていました。

今週のパーソナルトレーニングが終わった後、A藤先生からお話がありました。
最初に「転勤の話ではありません」と言われて、ほっとしました。
お話の内容は次のようなことでした。
「自分は正社員だが、セントラルから『正社員の仕事は、自分でパーソナルトレーニングのクライアントを持つことではなく、
 新規のクライアントを開拓して、他のインストラクターに紹介することだ。だから4月以降、正社員はクライアントを持ってはいけない。』
 とのお達しがあった。チケット購入分に関しては、4月以降も自分が指導するが、それ以降もパーソナルトレーニングを継続する場合は、
    他のインストラクターを紹介することになる。」

そうですが、分かりました。では他の方を紹介して下さい。
って、なるわけないだろ~!!!

A藤先生のレッスンには、FA BEAT・PROやシェイプパンプだけでなく、コンディショニング系のレッスンにも参加したことがあります。
ご本人も「このレッスン結構得意なんですよね」と言っていましたし、私が参加した印象でも
A藤先生のコンディショニング系のレッスンもなかなかいいと思いました。
そんなA藤先生だからこそ信頼して、パーソナルトレーニングをお願いし、トレーニングの内容にも大満足していたのに・・・

南小泉のセントラルにはクライアントが20名ほどいるイントラさんがいるそうです。
そのイントラさんは仙台店から異動して行ったのですが、仙台店からそのイントラさんを追って行った会員さんもいたらしいです。
そういう方々が「他のインストラクターを紹介する」と言われて、「はい、そうですか」となるとは思えません。
「それじゃあもうパーソナルトレーニングは受けません。」となる可能性が高いと思います。
私もA藤先生のパーソナルトレーニングを受けられないのなら、他のイントラさんのパーソナルトレーニングは受けず、
A藤先生から教わった内容を基にして、自分でトレーニングをするつもりです。

私のような人が多ければ、セントラルとしては、大幅な収入減になるはず。
セントラルの方針を決める方は、そのことを考えなかったのか疑問です。
正社員の位置付けやパーソナルトレーニングについての明確な理念をお持ちなのは分かりますが、インストラクターを信頼し、
決して安くないお金を払ってパーソナルトレーニングを受ける人の気持ちをもっと理解していただければと思います。

とは言っても一度出したお達しは、そう簡単には撤回はできないでしょうから、せめて
「正社員は4月以降、新規のクライアントを持ってはいけない。
 3月以前に継続してパーソナルトレーニングを受けていた者で、4月以降も同社員からパーソナルトレーニングを受けることを
    希望する者については、継続して指導することを認める。」
といった内容に変更してもらえれば、混乱することなく、会員も納得するのではないでしょうか。

私の勤務先でも10年ほど前に、大きな組織変革があり、パートで働いている方の雇用条件が変わりました。
ただし、新しい雇用条件が適用されるのは組織変革後に採用された方で、変革前から働いていた方は、それまでと同じ条件で働いています。
同じようなことをセントラルさんが適用してくれればいいのにな~

誰も見ていないかもしれないけれど、書かずにはいられない心境でした。

長文、失礼しました。





 

爆サイって知ってる?

 投稿者: !  投稿日:2014年 6月10日(火)16時03分7秒
  爆サイで仙台の話盛り上がってたよ―  

再会

 投稿者:たかみー  投稿日:2014年 4月 7日(月)19時35分6秒
  残念ながら、セントラル北仙台のファイトアタックのセッションは今月中はお休みです(T_T)
最近はほとんど北仙台のセントラルにしか行っていなかったのですが、4月になるとプログラムが変わるので、
他のセントラルはどうなるのだろうと、3月の下旬に、セントラル仙台のHPに載っていた4月からのプログラムを見ていて、
あることに気が付きました。
日曜日の夕方のFA BEATの担当者が変わっている…
これって、もしかして…と思い、セントラル仙台に問い合わせたら、私の思った通りでした。
6年前までアルバイトとして仙台店にいた、あのA藤先生が社員として、仙台店に帰って来たのでした(^o^)

さっそく日曜日のFA BEATを受けに行ってみることにしました。
6年ぶりだから、もう私のことなんか忘れてるかもしれないな~
髪型も変わったし、年も取ったから(笑)、私を見ても分からないかもしれないな~
なんて心配は無用でした。
A藤先生はちゃんと私のことを覚えていてくれました^^

社員としての初の配属先だった郡山店のHPのレッスン表からは1年で名前が消えたので、どこに行っていたのだろうと思っていたら、
札幌にいたとのこと。
アルバイトとして仙台店にいた頃のA藤先生は細身だったのですが、6年の間に、身体が一回りどころか二回りも三回りも大きくなっていました。
最近M崎先生が「身体を大きくしようと思って、食べるトレーニングをしているのに、なかなか大きくならない。」
という話をしていたので、A藤先生は相当頑張って身体を大きくしたんだろうな、と思いました。

最近は打撃のレッスンに出ることが多く、FA BEATを受けるのは久しぶりでした。
そのせいか、コンビネーションがなかなか覚えられない。
A藤先生が見本を見せてくれている時はいいのですが、煽ったりするために、見本を見せてくれなくなると、
とたんに分からなくなってしまいます。
ここ1年くらいはM崎先生のFA PROには時々出ていて、PROに出ている限りでは、コンビネーションを覚えられないということはありませんでした。
(知らない方のために書きますが、FA BEATはセントラルの本部で決めたコンビネーションを全国どこのセントラルでも同じように3ヶ月間ずっとやり続けるレッスンで、
 FA PROは担当のイントラさんが考えた毎回違うコンビネーションをやるレッスンです。)
そういえば、去年、北仙台のFA BEATのイベントに出た時も、コンビネーションをきちんと覚えられなかったな…
BEATとPROは何が違うんだろう?と考えてしまいました。
あまりうまくいかなかったせいか、かなり汗をかいた割には、気分がすっきりしませんでした。

まあ、今までの私の経験からすると、FA BEATの新しいコンビネーションを受ける時は
1回目:コンビネーションを覚えるのに必死
2回目:コンビネーションはだいたい頭に入っているので、1回目にうまくいなかった所に気を付けて動く
3回目:コンビネーションはほぼ頭に入っているので、2回目よりもさらにパフォーマンスを向上させる
4回目:飽きる(^^;
と、こんな感じなので、多分今月の終わり頃にはちゃんとコンビネーションをこなせるようになっているでしょう。

今回のコンビネーションには、インローとかキックガードとか、打撃のレッスンの練習になるような要素もかなり含まれているので、
ミット打ちの時を意識して動いていこうと思っています。
A藤先生のFA BEAT、M崎先生のファイトアタックのセッションはどちらも日曜日の夕方から夜にかけてのレッスンなので、
今月中はA藤先生のFA BEATに出て、来月M崎先生のファイトアタックのセッションが始まったら、セッションに出るつもりです。
 

あきらめた人です(笑)

 投稿者:公金オーリョー  投稿日:2014年 3月22日(土)00時04分35秒
  グランスポールは格闘技レッスンでいうとボーディーコンバットという
なんちゃって格闘技のレッスンはありますが、ミットなど実際に撃ったり
するレッスンはないですよ^^
だからみんな気軽に参加できますがね。


たかみー様
がんばってますね( ´ρ` )
セントラルズンバのイベントは南小泉主催でDVDできるの楽しみにしてましたが
装置の故障で駄目との事です。
順位は6チーム中たぶん最下位でしょうか?
1、2番はあちこちのジム、スタジオで教えている先生達で本格的で
私たちのチームは年齢は一番高齢ですが去年作った若いチームなので点数は
公開されませんが最下位でしょうね。
高齢でもみんなあきらめが悪くがんばってます。
ストレッチ、筋トレと楽しくないです。
でもステージ踊って出し切ったときは最高ですね。
人間99の苦しみがあっても1の快感があればがんばれるのかな
なんて思えてきました。
 

あきらめない!

 投稿者:たかみー  投稿日:2014年 3月12日(水)19時33分58秒
  相変わらず打撃を与えるレッスンに夢中のたかみーです^^
今年に入ってからはよりスピードとパワーのあるキックやパンチをするためにトレーニングもしています。
M崎先生にもいろいろとご指導を頂き、先日のレッスンでは
「今までは左のキックは当たってるという感じだったのが、打ってるという感じになってきた」(ちょっと表現が違かったかも^^;)
と言われました。
(要するに左のキックが良くなったということです。)

M崎先生に注意されたことが頭では分かっていても、身体が自分の思ったように動かない時があります。
私は一般的には若いとは言われない年齢になってきたので、そんな時は自分の中で年齢を言い訳にしたくなることもあります。
以前も書きましたが、私が通っている整骨院の治療はかなり痛いです。
今は日常生活に支障が出るほどの問題がある箇所はないので、格闘技をやるのでなければ、痛い治療を受ける必要はありません。
今年に入ってから、パーソナルトレーニングも何度か受けたのですが、慣れない最初の頃はかなりきつく感じて、
その時も、スピードとパワーのあるキックやパンチをしたいと思わなければ、こんなにきついトレーニングはしなくていいんだよな、
と思ったりしました。

先日、新聞を読んでいたら、広告に登山家の三浦雄一郎さんの言葉が載っていました。
三浦雄一郎さんは世界最高齢の80歳でエベレスト登頂に成功された方です。
正確には覚えていませんが、広告の言葉はだいたい次のような内容でした。
「病気のために医者から登山はあきらめろと言われた。
 でも、あきらめたくなかった。
 あきらめるくらいなら、どんなつらい治療だって、節制だってやってやる。」

80歳の三浦雄一郎さんに比べれば私はまだまだ若い。
あきらめなければ、まだまだ上を目指せるんじゃないか。
その広告を見て、そう思いました。

三浦雄一郎さんに興味が出てきて、今、三浦雄一郎さんが書いた本を読んでいます。
三浦雄一郎さんは子供の頃は身体が弱かったそうです。
心配したお父さんが野山にしょっちゅう連れ出してくれ、山の魅力にはまり、そのうちに身体も丈夫になっていったとのこと。
私も子供の頃からあまり身体が丈夫な方ではなく、運動神経も鈍くて、学生時代はずっと文化部でした。
格闘技のレッスンにはまり、よりよいキックやパンチをしたいと思うようになった時、それまであまり運動してこなかったことを後悔しました。
そして、うまくいかない時に、「今まであまり運動してこなかったのだから仕方がない」と自分に言い訳することもありました。
でも、いくつになってもあきらめずに努力すれば、目標に到達できるのではないか。
今はそう思っています。


オーリョー様

ズンバのイベントの写真、セントラルで見ましたけど、そのイベントに参加されたのでしょうか。
もしかして、別のイベントかな?
コンテストの結果、よかったら教えて下さいね^^
 

今年もよろしく

 投稿者:公金オーリョー  投稿日:2014年 2月 1日(土)11時25分5秒
  みなさんこんにちは。

すっかりご無沙汰して申し訳ありません。

思いを伝える掲示板として活用くださいjavascript:putEmoji('DE6F0')

個人的ですが
2月3日午後からズンバイベントで仙台rensaにてダンスコンテストに参加します。
お暇でしたら見に着てください。



 

ジンクス

 投稿者:たかみー  投稿日:2014年 1月 7日(火)18時20分9秒
  お久しぶりです。

セントラル北仙台では昨年の8月からファイトアタックのセッションが始まりました。
やっぱり実際に打撃を加えるレッスンは楽しい!
身体の状態も良くなったので、思いっきりパンチやキックをしています。

セッションが始まった頃はパワフルなキックができなかったのですが、M崎先生のご指導のおかげで、
ここ数ヶ月はミットに当たった時に、ドスッという音が出るようになりました。
いい音が出ると、蹴っていても気持ちがいいものです^^
他の参加者の方にも「たかみーさんと○○さん(総合格闘技をしている女性の方)は、他の人とは音が違う」と言われたり、
久しぶりに参加した方に「上手になりましたね~。前とは音が違う。」と言われたりしています。
M崎先生にも「右のキック、かなり良くなりましたね」と言われました。
褒められるとやっぱり嬉しいものです(^^)

カラーズのセッションに参加していた頃は、他の参加者がどんどんいいキックができるようになっていくのに、
私だけがなかなか上達せず、悔しくて仕方がなかった。
カラーズのセッションがなくなり、今の整骨院に通うようになってから、6~7年前のぎっくり腰が治りきっていなかったこと、
数年前の膝の故障が治っていなかったことが分かったので、原因はそこにもあったのだと思うのですが、
当時はそんなことは全く考えていなかったので、どうしていいキックができないのか、そればかり考えていました。
その時の私のキックと今の私のキックは全然違うので、S木先生やカラーズのセッションに参加していた方々に、
今の私のキックを見せたいくらいです。

実は私が勝手に考えているジンクスがあります。
私がいいイントラさんだと思って、この掲示板にそのことを書き込むと、そのイントラさんは人気者になり、
レッスンにたくさん人が入るようになるというジンクスです。
そんなにたくさんの方がこの掲示板を見ているとは思えないので(失礼!)、私の書き込みが直接影響を与えているのではなく、
私がいいと思うイントラさんは、他の会員さんから見てもいいイントラさんだということだと思います。
今教えて頂いているM崎先生は、私が会う前から既に人気でレッスンにもたくさん人が入っていたようです。
私は今までこの掲示板でM崎先生の良さについてあまり触れていませんでしたが、M崎先生の指導は素晴らしいです。
今まで教えて頂いたファイトアタックのイントラさんの中では最高です^^。
パンチもキックもまんべんなく教えて頂けるし、パンチとキックのコンビネーションもやります。
今まではパンチしか教えてくれなかった方もいたし、パンチはパンチ、キックはキックで教えて、
コンビネーションはやらなかった方もいました。
左のキックも「左は苦手な方が多いですからね~」と言って、あまり熱心に指導してくれない方がほとんどだったのですが、
M崎先生は左もきちんと教えてくれます。
パンチにしてもキックにしても、うまくいかないと、どうしてうまくいかないのか、どうすればうまくいくかを真剣に考えて、
的確なアドバイスをしてくれます。
いい先生に出会えて本当に良かったと思っています。


オーリョー様

最近書き込みがないですけど、お元気ですか?
今年も勝手に書き込むと思いますので(^^;、よろしくお願いします。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:toshi  投稿日:2014年 1月 2日(木)23時20分55秒
  しばらくカキコミしてませんでした。皆さんお元気でしたか?
今年も無理なく運動しましょう!!
昨年は仕事で精神的にキツイ年でした。
今年はもうちょっと書き込みします。
 

私が本当にやりたいことは一つだけ

 投稿者:たかみー  投稿日:2013年 5月21日(火)20時07分18秒
  ↑それは実際に打撃を与える格闘技エクササイズです。
南小泉のFAのセッションはS木先生の時間の都合が付かず、現在休止状態なので、
残念ながら、現在、仙台市内のセントラルではそういうレッスンは受けられません。

昨年末に痛めた腰はそれほど時間が掛からずに治ったのですが、他にも治した方がいい箇所がいろいろあるので、
今も整骨院に通っています。
私が通っている整骨院では特殊な治療をするので、治療はかなり痛いです。
格闘技エクササイズのレッスンでイントラさんがびっくりする位のパワフルなキックをしたいという目標がなければ、とても耐えられません。
2月の終わり頃だったと思いますが、整骨院の先生と話をしている時に、あることを思い出しました。
そういえば、一昨年の10月のリアルミット打ちのイベントの時には、パワフルなキックができたけど、
あの頃、私、よくFA BEATやPROのレッスンに出ていたっけ。
もしかしたら、それが良かったのかもしれない。
もうちょっと身体の状態が良くなったら、BEATやPROのレッスンに出てみよう。
と思っていたら、M崎先生が北仙台に異動になることになり、4月から土曜日にPROを担当するとのこと。
それを聞いてすぐ、「行きます!PROに参加します!」と言った私でした。

M崎先生のPROは土曜日の13時半からサブスタジオでの開催でした。
初回、10分前にスタジオに行ったらサブスタジオでは今まで見たこともないくらいのたくさんの人がいて、
一番後ろしか空いておらず、自分の姿を鏡で確認することが難しい状態。
次の週も同じ状態でした。
整骨院の先生から、もっと早くスタジオに行って、自分のフォームを鏡でちゃんと確認できる場所でやれと言われたので、
(正しいフォームでやらないと故障の原因になることもあるため)
3週目からは早めにスタジオに行くようにしました。

また、整骨院の先生から、アクアビクスは全身の柔軟性と協調性を高めると聞き、身体が硬くて上半身と下半身の連動性がよくない私は日曜日のレッスンに参加してみることに。
思った以上に楽しかったので、これからもちょくちょく参加しようと思っています。

5月5日の祝日プログラムで北仙台ではミット打ちのイベントがありました。
有料で定員が15名だったのですが、定員一杯の参加者がありました。
ミット打ちは約1ヶ月やっていなかったのですが、キックをしていて、3月までとはミットに脚が当たった時の感触が違い、バシッという感じでした。
M崎先生には、「この1ヶ月、何かやっていたんですか?ミットでキックを受けた時の感じが前と全然違いますよ。」
と言われました。
3月時点では整骨院の先生から7割の力でやるように言われていたのですが、最近身体の状態が良くなってきたので、
8割でいいと言われ、以前よりは力を入れていたのですが、それ以外にもPROやアクアビクスなどのレッスンに出ていたのがよかったのかもしれません。

それにしても、やっぱり、ミット打ちのレッスンは楽しい!
私が整骨院で痛みに耐えるのも、かなり早い時間から並んでPROに参加するのも、他のレッスンに参加するのも、
全て実際に打撃を与える格闘技エクササイズでよりよいパフォーマンスをしたいという目標があるからです。

M崎先生のPROはあまりにも参加者が多かったためか、5月からは16時半からメインスタジオでの開催に変更になりました。
理由がよく分からないのですが、私は主気取りの方に嫌われてしまったらしく、最近は挨拶しても完全に無視される状態になってしまいましたが、
(以前はきさくに話しかけていただいていた方なのに…)
そんなことは気にしないようにして、目標達成に向けて頑張っていきたいと思っています。

あ~、早く北仙台でFAのセッションが実現しないかな~


オーリョー様

お久しぶりです。
お元気ですか?
カラーズには最後だからと4月29日に行ってきましたが、仙台店にはしばらく行っていません。
最近は北仙台にばかり行っています。
オーリョー様は以前、「自宅に近いジムがこんなにも便利かと実感してます」と書かれていましたが、
私も最近同じことを感じています。
北仙台は設備もいいですしね。
これで通っている人がいい方ばかりだったら最高なんですけどね^^;
 

レンタル掲示板
/66