teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:12/284 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re.R62号は復讐をしたか?

 投稿者:エヌガール  投稿日:2016年 8月 3日(水)12時46分59秒
  通報 返信・引用
  アレンさん、hirokd267 さん、レスありがとうございます。
大熊さんが書かれていますように、たしかに復讐というものでもないんですよね。
じつは読み返していないので記憶だけなのですが、終盤、R62号君は、じつに楽しげだった印象が残っています。遊戯のように、玩具で遊ぶ子供のように。自作の機械のできばえを楽しんでいたかのように?
欧米でロボット、というものに期待されるのは、まず、従順さなのでしょう。文句を言わずに勤勉に労働してくれるもの。(日本では、アトムの影響で、ロボットは友だちになれる、という感覚が技術者にもありますが。)それで、脳が人間のであろうと、従順であれば、ロボットとも言えるのかもしれない、と、ふとロボトミー手術のことから連想しました。ケネディ大統領の娘が、この手術をされたことを思い出して。。。体も脳も人間でありながら、自分の意志を持てないロボットにされてしまった女性のことを。いや外見が人間そっくりである人造のアンドロイドよりもロボットに、人間を改造することができることがある、と知って、安部はそれには従わず、でも<復讐>ではなく、(2001年のコンピュータHALのように?)知性と意志を持って<反乱>を考えたのかな~? と思ったり。従順ではない、ロボットではない、と示すための。。。
 
 
》記事一覧表示

新着順:12/284 《前のページ | 次のページ》
/284