teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あめぞうのことを知ってほしいです

 投稿者:a  投稿日:2020年 9月 6日(日)08時28分41秒
返信・引用
  下のURLにあめぞうの情報がありますのでそれを見て知ってください
あめぞうさんという方のためにもどうかお願いします
http://resistance333.web.fc2.com/newpage1.htm
http://tiyu.to/1ch_08.html

↓私の掲示板です
https://9207.teacup.com/aaaa/bbs
 
 

デンドロカカリヤについて

 投稿者:コモン  投稿日:2020年 7月 6日(月)01時14分43秒
返信・引用
  デンドロカカリヤについて研究し始めた学生です。
僕はどうしても型にハマった考え方から脱することができず、自分の中で堂々巡りしてしまうため、このような掲示板でたくさんの方から刺激を頂戴したいと思い、投稿いたします。

現段階では、植物園長とコモン君、デンドロカカリヤ(外地)と内地、ゼウスとプロメテウス、ギリシャ神話で植物にされる登場人物の経緯、時代背景としてGHQと民衆の構造、それぞれに「抑圧ー被抑圧」の関係が見られることに気づきました。(使役と受け身の動詞が存在すればどんな内容でも当てはまることではあるのですが…)
デンドロカカリヤが発表された当時はGHQが政権を握っていた事は周知の通りであり、そんな中、安部公房は「世紀の会」を立ち上げ、芸術運動を行い、芸術は大衆のものであるとして活動していたと記憶しています。
また、『シュールリアリズム批判』にて、プシコノイローゼについて言及し、精神深層作用について「抑圧ー被抑圧」の関係を見出し、それをブルジョア(抑圧)と大衆(被抑圧)の関係に対置することができると述べています。
従来の研究から植物病をプシコノイローゼだとする主張が成されていますが、この抑圧とは被抑圧の関係について触れられている論文は現段階では見受けられません。

以上からもわかる通り、デンドロカカリヤにはくどいほどに「抑圧ー被抑圧」の関係図がみられると感じました。

このことから、同時期に発表されたデンドロカカリヤに込められた主題とは、抑圧階級に対する抵抗、であり、共産主義的思想の推奨ではないかと考えています。

ただ、もう一つ気になり始めているのが、リルケやギリシャ神話、ダンテの『神曲』などの引用です。
調べた限りリルケ絡みの論文はいくつかヒットするのですが、ギリシャ神話やダンテに関する安部公房との関わりがあまりみられず、調べる道建がないのでなかなか踏み込む勇気が持てません…。

どこから手をつけたらいいかも分からずに進めてしまったため、しっちゃかめっちゃかになり、ご覧の通り支離滅裂なことになっています…
教授に相談するも適当にあしらわれるだけで助け舟がありません…皆様からご意見やアドバイスをいただきたく、投稿させていただきます。
ご教示のほどよろしくお願いいたします。
 

読書会中止のお知らせ

 投稿者:アレン  投稿日:2020年 3月13日(金)07時19分4秒
返信・引用
  【中止のお知らせ】新型コロナウイルス感染症予防の一環とのことで、利用予定だった会議室が使用できなくなりました。そのため、3/22に予定していた「砂の女」読書会の開催を延期します。
既に参加表明されていた方や検討されていた方には申し訳ありません。
http://w1allen.seesaa.net/article/472863438.html

http://w1allen.seesaa.net/

 

『砂の女』読書会(第18回KAP)

 投稿者:アレン  投稿日:2020年 1月 2日(木)18時26分16秒
返信・引用
  お世話になります。アレン(岡)です。

2020/3/29(日)13:00に高槻市立文化会館(集会室301号)にて、第18回関西安部公房オフ会(略称KAP)の読書会を岡田さんとともに開催します。課題本は『砂の女』です。

言わずとしれた安部公房の代表作です。砂丘に昆虫採集にきた教師が、村人にはめられ、過酷な砂掻きを強要されることになる。様々な脱出の試みがことごとく失敗に終わるうちに、教師の内面にも変容を来す。いろんな解釈ができると思います。みなさまと感想を意見交換したいと思います。

開催要項の詳細は、以下をご覧ください。
http://w1allen.seesaa.net/article/472863438.html

初参加大歓迎です。課題本を読んでいただければ、誰でも参加申し込みいただけます。
「KAP読書会の紹介」や以前の読書会報告を参考にしていただければ、幸いです。
http://w1allen.seesaa.net/
から読めます

貴方の来訪を心よりお待ちしております。
近くの餃子の王将で二次会もあります。こちらもお気軽にご参加ください。

今回はネット中継はありません。主宰者だけを映したものを後日公開します。

過去の録画は、
https://www.youtube.com/user/w1allen/videos
でご覧になれます

ー読書会という舞台装置が、他者への通路を開くキッカケになることを夢見てー
http://w1allen.seesaa.net/

http://w1allen.seesaa.net/

 

『友達・棒になった男』読書会(第17回KAP)

 投稿者:アレン  投稿日:2019年 7月15日(月)14時03分30秒
返信・引用
  お世話になります。アレン(岡)です。
2019/9/29(日)13:00に高槻市立文化会館(集会室301号)にて、
『友達・棒になった男』読書会を岡田さんとともに開催します。
取り上げる作品は、「友達」と「棒になった男」の二作品です。

最近でも「友達」はよく上演されています。平凡な男の部屋にある日闖入してくる9人の家族。主人公の生活を平然と蹂躙する彼らは一体何者でしょうか?不条理性と普遍性が繰り返し上演される理由なのではないでしょうか?本読書会で、その理由に迫れたらと思います。

※なお、その次以降の課題本は、メジャー作品に戻すことを予定しています。

開催要項の詳細は、以下をご覧ください。
http://w1allen.seesaa.net/article/467754706.html

初参加大歓迎です。課題本を読んでいただければ、誰でも参加申し込みいただけます。
「KAP読書会の紹介」や以前の読書会報告を参考にしていただければ、幸いです。
http://w1allen.seesaa.net/
から読めます

貴方の来訪を心よりお待ちしております。
近くの餃子の王将で二次会もあります。こちらもお気軽にご参加ください。

今回はネット中継はありません。主宰者だけを映したものを後日公開します。

過去の録画は、
https://www.youtube.com/user/w1allen/videos
でご覧になれます

ー読書会という舞台装置が、他者への通路を開くキッカケになることを夢見てー
http://w1allen.seesaa.net/

http://w1allen.seesaa.net/

 

『榎本武揚』読書会(第16回KAP)

 投稿者:w1allen  投稿日:2019年 1月17日(木)21時43分20秒
返信・引用
  お世話になります。アレン(岡)です。
2019/3/24(日)13:00に高槻市立文化会館(集会室301号)にて、
『榎本武揚』読書会を岡田さんとともに開催します。

幕臣であり、明治時代には様々な大臣を歴任した榎本武揚は一体どのような人物でしょうか?勝者とも悲運の者とも見做されない榎本武揚を敢えて題材にしたところに、安部公房の密かな企みすら感じます。時代の変革期にこそ読みたい一冊で、安部公房の隠れた名作のような気がします。皆様のご参加をお待ちしております。

開催要項の詳細は、以下をご覧ください。
http://w1allen.seesaa.net/article/463692187.html

初参加大歓迎です。課題本を読んでいただければ、誰でも参加申し込みいただけます。
「KAP読書会の紹介」や以前の読書会報告を参考にしていただければ、幸いです。
http://w1allen.seesaa.net/
から読めます

貴方の来訪を心よりお待ちしております。
近くの餃子の王将で二次会もあります。こちらもお気軽にご参加ください。

今回はネット中継はありませんが、録画したものを後日公開します。
映りたくない方にはマスクをご用意します。マスクをお持ちくださっても結構です。

過去の録画は、
https://www.youtube.com/user/w1allen/videos
でご覧になれます

ー読書会という舞台装置が、他者への通路を開くキッカケになることを夢見てー
http://w1allen.seesaa.net/

http://w1allen.seesaa.net/

 

『幽霊はここにいる・どれい狩り』読書会(第15回KAP)

 投稿者:アレン  投稿日:2018年 6月 6日(水)21時31分32秒
返信・引用
  お世話になります。アレン(岡)です。
10/28(日)13:00に高槻市立文化会館(集会室301号)にて、
『幽霊はここにいる・どれい狩り』読書会を岡田さんとともに開催します。

安部公房は、小説家でもあり劇作家でもありました。KAPで戯曲作品を取り上げるのは、今回が初めてで運営側としても新鮮な気持ちで臨みます。「幽霊はここにいる」は、戦友の幽霊を信じ込んでいる青年が、事情があり町を離れていていた詐欺師に出会うことから始まる「喜劇」です。しかし、同時に色んな周辺の問題や怖さも感じさせてくれる作品だと思います。皆さまの様々な感想に触れたいと思っています。

開催要項の詳細は、以下をご覧ください。
http://w1allen.seesaa.net/article/459489077.html

初参加大歓迎です。課題本を読んでいただければ、誰でも参加申し込みいただけます。
「KAP読書会の紹介」や以前の読書会報告を参考にしていただければ、幸いです。
http://w1allen.seesaa.net/
から読めます

貴方の来訪を心よりお待ちしております。
近くの餃子の王将で二次会もあります。こちらもお気軽にご参加ください。

今回はネット中継はありませんが、録画したものを後日公開します。
映りたくない方にはマスクをご用意します。マスクをお持ちくださっても結構です。

過去の録画は、
https://www.youtube.com/user/w1allen/videos
でご覧になれます

ー読書会という舞台装置が、他者への通路を開くキッカケになることを夢見てー
http://w1allen.seesaa.net/

http://w1allen.seesaa.net/

 

改定

 投稿者:hirokd267  投稿日:2018年 5月21日(月)15時16分25秒
返信・引用
  前のを破棄して後の投稿に改定します。  

Re: 劇団風斜公演『絶対零度』(鐘下辰男作)を観て

 投稿者:hirokd267  投稿日:2018年 5月21日(月)15時11分55秒
返信・引用
  神戸の劇団風斜公演『絶対零度』を観てきました。この公演についてはすでに大熊氏の劇評が出ているので、筋も分かりやすくまずそちらを参照していただきたい。
http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/8613?TEACUPRBBS=16dde05706fb1949b84c2cb84418e7df

《吉田佳奈さんの白熱の演技》
この劇は娘の里美を中学教師宮田に殺された母親の恵子とその夫瀬川、という関係で恵子、宮田、瀬川の3人による劇である。まず特筆すべきは母親役吉田佳奈さんの緊迫の演技で、全身全霊を賭した入魂の演技であった。それは最初にゆっくり登場し観客に向かった時からぐっと引き付けられ、最後に舞台を去っていくまでの90分、途切れぬ緊張感に貫かれているのは見事である。その緊張感の中でも怒りに高揚する気迫の時だけでなく、悲嘆と失望に暮れる沈鬱の底へと、さらに教師宮田との対話の中で常に笑みを浮かべる間も、その振幅の中でずっと緊張を保つというのは、相当な精神力である。もちろん他の二人の共演者もその緊迫感を維持するに貢献しているわけではある。だがこの劇の成功の大部分は吉田さんの心魂傾けた力強い体当たりの演技によるものであろう。

《二つの対立軸》
娘を殺された母・恵子は直接拘置所へ乗り込む。最初のこの場面で、奥に便器が見える。これはあとで各種の排泄物を飲み込むという重要な役割を果たす。恵子は教師の宮田に一審判決の死刑を受け入れ、控訴しないよう要求する。なぜ恵子は直接教師のところへ来なければならなかったのか。それは娘を殺された怒りを、社会のシステムを通してはぶつけて解消することはできないからだ。いわば社会のシステムからはじき出されているのだ。娘も「教師の指導に従わなかった」として非難され、殺されて当然のように言われる。宮田も、死刑になるということは、社会から排除されることなのだ。こうしてまず社会からの排除と隔離と抹殺が、個人の前に立ちはだかる。「個人」と「社会」の対立構造がまず根底にある。
> 恵子は殺された娘の「存在の否定と抹消」の無念を、娘の名誉をかけて怒りを持って宮田にぶつける。それに対して宮田はいろいろな論理でもって拒絶する。ここには「感情」対「論理」の対立がある。ふつう多くは「論理」が正統性を主張し、それに屈服しないものとしての「感情」があることが多い。だがここでは逆で、「感情」が「論理」を屈服させようとしている。けれどもそれも折り合えない対立なのである。「感情」と「論理」はいつもそんな関係である。そしてこの劇ではやがて「感情」が「論理」を追い詰めていく。

《四人目の登場人物》
この劇には登場しない四人目の人物がいる。娘の里美である。私は長年学習塾をして中学生と接してきたので、この娘「里美」はどうしても気にかかる。生活指導の教師の指導に従わなかった、ということで観客にも「しようもない不良少女」とか「あばずれ」とか思われてしまったであろう。本当にそうだろうか?私の経験では、中学生のルール違反もよく接して話を聞けば、それなりに理由があることが多い。それは単に家庭の責任とは言えないものである。そして宮田の生活指導に従わなかった、という。だがここに香水のエピソードが述べられる。里美は香水を持っていたことが校則違反とされたのだった。けれど母親によれば、それは以前に母がつけていた香水を「いい匂いね」と里美が言ったため、同じものを娘に持たせたのだった。つまり母と娘の絆を象徴するものであった。それをルールだからと一概に否定して社会的に抹殺してよいであろうか?そんなわけはない。娘は学校という小さな社会で、その恣意的なルールから外れたという理由だけで殺されてしまった。ところで社会のこういった排除のルールは社会にとっても自らを縛るくびきである。そのようなルールで狭く一色にまとめられた社会はそれだけ脆弱であることは、先の戦争でのファシズムやナショナリズムのしたことを考えれば容易に理解できることである。私の敬愛する安部公房はまず国家の言う「正統」を疑え、と言った。そして「異端」が社会を進歩させる意味を問うた。つまり「ルール」の幅の大きさはその社会の変革の可能性への大きさであり、それはその社会の未来を開くものである。そうみれば「里美」の、世間から嘘とデマで色づけられた異端の意味は、本質的にルールを超えて社会の中にそのままで存在意義を持っていると言えよう。「里美」の成育歴と何を思っていたか、これは恵子役をされた吉田さんがたぶんサブストーリーとして想像し、吟味し、恵子への内面化をされていたと思う。一方、教師の宮田にとっては「里美」はあくまで指導制圧すべき「外部」でしかなく、恵子にとっては「里美」は自分の分身であり片身であるという「自己の内部」である。その違いが折り合いがつくことは決してないのである。

《恵子と瀬川・宮田》
恵子の再婚の相手、瀬川は、世間の風を恵子にもたらし、恵子にとって世間となる。その性(さが)は世の男性の、夫のタイプを表す。恵子への愛情がないわけではないが、里美をめぐっては実子でないこともあって恵子と断絶が大きくなっていく。その修復が上手くいかずに爆発して暴力で屈服させようとする。ここでは私は自分の父親からの、母へのあるいは自分への暴力を想起していたたまれなかった。R15とあるが、私はすべての暴力場面に拒否反応を示すことを公言しておく。劇では暴力を表することで夫婦関係は破たんせざるを得ないことになる。
恵子と教師の宮田との対面はスリリングである。宮田を責める恵子の表情には常に笑みが見えて、それはすごく凄惨な感じ、凄みを感じさせる。だがそれは後に共感への笑みに意味が変化していくのである。この展開は私には予想されたものであった。なぜなら拘置所に出かけて宮田との面会をたびたび求めたのは恵子であり、二人の間には攻撃と反発の立場の違いはあれ、交流の場と相互依存関係、すなわちラポールが形成されるからである。それは容易に同情と共感に転移する。「生きてもらう」「私のためにも」と恵子が宮田に言う時、それはもう愛情表現である。これには私の倫理観は拒否反応を示した。予想される展開だからこそなおさらに。救われるのは、そのあと宮田がついに精神のバランスを崩したか、記憶をなくしてしまい、恵子が誰だかわからなくなっていることだ。だがそのあとも恵子が宮田を訪れることが示される以上、これは私の倫理観にはそぐわない。

《絶対零度とは》
ここまでに展開された三人の関係、そこにはそれぞれの個の立場があり、その間には越えられない断絶がある。これが絶対零度と言われるのであろう。安部公房において、ゲマインシャフトたる農山村的共同体から、「個人」は都市へ彷徨し、真の「個人」を形成した者が相互にコミュニケーションすることによって新しい共同社会を作っていく、という「他者への通路」が示されているが、その意味ではこの劇での「個の断絶」すなわち「絶対零度」は出発点である。この劇では個の確立に不十分さはあるが、それがさらに次の「他者への通路」を目指すには、さらにもう一つのストーリーが必要となろう。

《便器その他》
部屋の隅に置かれた便器は、本来人間の排泄物を受け入れるものである。が、劇の中では宮田とのやり取りに苦しんだ恵子がその苦悩があふれ出る嘔吐を便器に吐き出す。あるいは便器が受け入れる。瀬川とのやり取りでも同様の嘔吐をなす。また宮田に向けられた保護者たちの減刑嘆願書も破棄されて便器に捨てられる。人は自分が処理できず心情からあふれ出たものを受け入れてくれる物(者)が必要なのであろう。
仕切りのない場所での、一幕もののような舞台で、恵子が服を着て靴を履いて拘置所に出かけ、それは拘置所の場面となり、服を脱いで靴も脱げばそれは自宅の場面となる。三人が初めは入れ替わって対話する場を形成するがすぐに三人が同時に存在して、恵子を軸として瀬川と会話し、宮田と対することで、場面転換を想像させているのは、よく工夫されている。演技についても宮田の大きな笑い声は当初から発現されるが、それは狂気を含んでいることを思わせる。宮田が時々歌う「テルテル坊主」の歌もまだ幼さの残る里美らを想起させる、と見てもいいかもしれない。音楽音響や照明の微細な操作も場面によく沿って見事であった。
この劇団風斜の公演において、特筆すべきは、三人だけの出演で、拘置所に対話に出かけるという普通にはあり得ない話なのだが、それが対話と演技そのものの力によって十分なリアリティが現出されていることである。その演出の構成と想像と努力は素晴らしく、構想された場面を実際に役者とその演技でそれに近づけていく、その指導はとても大変なものであったろうと想像されるのである。もちろんそれに体当たりで臨まれた役者さんたちの努力の積み重ねの苦労も偲ばれる。そのあたりのことを演出の日下部先生に直に教えていただくことができたのも無上の喜びでした。
 

劇団風斜公演『絶対零度』(鐘下辰男作)を観て

 投稿者:hirokd267  投稿日:2018年 5月20日(日)23時05分9秒
返信・引用
  神戸の劇団風斜公演『絶対零度』を観てきました。この公演についてはすでに大熊氏の劇評が出ているので、筋も分かりやすくまずそちらを参照していただきたい。
http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/8613?TEACUPRBBS=16dde05706fb1949b84c2cb84418e7df

《吉田佳奈さんの白熱の演技》
この劇は娘の里美を中学教師宮田に殺された母親の恵子とその夫瀬川、という関係で恵子、宮田、瀬川の3人による劇である。まず特筆すべきは母親役吉田佳奈さんの緊迫の演技で、全身全霊を賭した入魂の演技であった。それは最初にゆっくり登場し観客に向かった時からぐっと引き付けられ、最後に舞台を去っていくまでの90分、途切れぬ緊張感に覆われているのは見事である。その緊張感の中でも怒りに高揚する気迫の時だけでなく、悲嘆と失望に暮れる沈鬱の底へと、さらに教師宮田との対話の中で常に笑みを浮かべる間も、その振幅の中でずっと緊張を保つというのは、相当な精神力である。もちろん他の共演者もその緊迫感を維持するに貢献しているわけではある。だがこの劇の成功の大部分は吉田さんの心魂傾けた力強い体当たりの演技によるものであろう。

《二つの対立軸》
娘を殺された母・恵子は直接拘置所へ乗り込む。最初のこの場面で、奥に便器が見える。これはあとで各種の排泄物を飲み込むという重要な役割を果たす。恵子は教師の宮田に一審判決の死刑を受け入れ、控訴しないよう要求する。なぜ恵子は直接教師のところへ来なければならなかったのか。それは娘を殺された怒りを、社会のシステムを通してはぶつけて解消することはできないからだ。いわば社会のシステムからはじき出されているのだ。娘も「教師の指導に従わなかった」として非難され、殺されて当然のように言われる。宮田でさえ、死刑になるということは、社会から排除されることなのだ。こうしてまず社会からの排除と隔離と抹殺が、個人の前に立ちはだかる。「個人」と「社会」の対立構造がまず根底にある。
恵子は殺された娘の「存在の抹消」の無念を、娘の名誉をかけて怒りを持って宮田にぶつける。それに対して宮田はいろいろな論理でもって拒絶する。ここには「感情」対「論理」の対立がある。ふつう多くは「論理」が正統性を主張し、それに屈服しないものとしての「感情」があることが多い。だがここでは逆で、「感情」が「論理」を屈服させようとしている。けれどもそれも折り合えない対立なのである。「感情」と「論理」はいつもそんな関係である。そしてこの劇ではやがて「感情」が「論理」を追い詰めていく。

《四人目の登場人物》
私は長年学習塾をして中学生と接してきたので、この娘「里美」はどうしても気にかかる。生活指導の教師の指導に従わなかった、ということで観客にも「しようもない不良少女」とか「あばずれ」とか思われてしまったであろう。本当にそうだろうか?私の経験では、中学生のルール違反もよく接して話を聞けば、それなりに理由があることが多い。生活指導に従わなかった、という。だがそれで社会的に抹殺されてよいであろうか?そんなわけはない。娘は学校という小さな社会で、その恣意的なルールに従わなかったという理由で殺されてしまうことになる。ところで社会のこういった排除のルールは社会にとっても自らを縛るくびきである。そのようなルールで狭く一色にまとめられた社会はそれだけ脆弱であることは、先の戦争でのファシズムのしたことを考えれば容易に理解できることである。私の敬愛する安部公房はまず国家の言う「正統」を疑え、と言った。そして「異端」が社会を進歩させる意味を問うた。つまり「ルール」の幅の大きさはその社会の変革の可能性への大きさである。そうみれば「里美」の、世間から嘘とデマで色づけられた異端の意味は本質的にルールを超えて社会の中にそのままで存在意義を持っていよう。「里美」の成育歴と何を思っていたか、これは恵子役をされた吉田さんがたぶんサブストーリーとして想像し、吟味し、恵子への内面化をされていると思う。一方、教師の宮田にとっては「里美」はあくまで指導制圧すべき「外部」でしかなく、恵子にとって「里美」は自分の分身であり片身であるという「自己の内部」である。その差が折り合いがつくことは決してないのである。

《恵子と瀬川・宮田》
恵子の再婚の相手、瀬川は、世間の風を恵子にもたらし、恵子にとって世間となる。その性は世の男性の、夫のタイプを表す。恵子への愛情がないわけではないが、里美をめぐっては恵子と断絶が大きくなっていく。その修復が上手くいかずに爆発して暴力で屈服させようとする。ここでは私は自分の父親の、母へのあるいは自分への暴力を想起していたたまれなかった。R15とあるが、私はすべての暴力場面に拒否反応を示すことを公言しておく。劇では暴力を表することで夫婦関係は破たんせざるを得ない。
恵子と教師の宮田との対面はスリリングである。宮田を責める恵子の表情には笑みが見えて、それはすごく凄惨な感じをもたらす。だがそれは後に共感への笑みに意味が変化していくのである。この展開は私には予想されたものであった。なぜなら拘置所に出かけて宮田との面会を求めたのは恵子であり、二人の間には攻撃と反発の違いはあれ、交流の場、ラポールが形成されるからである。それは容易に同情と共感に転変する。「生きてもらう」「私のためにも」はもう愛情表現である。これには私の倫理観は拒否反応を示した。予想される展開だからこそなおさらに。救われるのは、そのあと宮田がついに精神のバランスを崩したか、記憶をなくしてしまい、恵子が誰だかわからなくなっていることだ。だがそのあとも恵子が宮田を訪れることが予想される以上、これは私の倫理観にはそぐわない。

《絶対零度とは》
ここまでに展開された三人の関係、そこにはそれぞれの個の立場があり、その間には越えられない断絶がある。これが絶対零度と言われる。安部公房において、ゲマインシャフトたる農山村的共同体から、個人は都市へ彷徨し、真の「個人」を形成した者が相互にコミュニケーションすることによって新しい共同社会を作っていく、という「他者への通路」が示されているが、その意味ではこの劇での個の断絶すなわち絶対零度は出発点である。個の確立に不十分さはあるが、それがさらに次の「他者への通路」を目指すには、さらにもう一つのお話が必要となろう。

《便器その他》
部屋の隅に置かれた便器は、本来人間の排泄物を受け入れるものである。が、劇の中では宮田とのやり取りに苦しんだ恵子がその苦悩があふれ出る嘔吐を便器に吐き出す。あるいは便器が受け入れる。瀬川とのやり取りでも同様の嘔吐をなす。また宮田に向けられた保護者たちの減刑嘆願書も破棄されて便器に捨てられる。人は自分が処理できずあふれさせたものを受け入れてくれる物(者)が必要なのであろう。
仕切りのない場所での、一幕もののような舞台で、恵子が服を着て靴を履いて拘置所に出かけ、それは拘置所の場面となり、服を脱いで靴も脱げばそれは自宅の場面となる。三人が初めは入れ替わって対話する場を形成するがすぐに三人が同時に存在して、恵子を軸として瀬川と会話し、宮田と対することで、場面転換を想像させているのは、よく工夫されている。演技についても宮田の大きな笑い声は当初から発現されるが、それは狂気を含んでいることを思わせる。宮田が時々歌う「テルテル坊主」の歌もまだ幼さの残る里美らを想起させる、と見てもいいかもしれない。
特筆すべきは、三人だけの出演で、拘置所に対話に出かけるという普通にはあり得ない話に、対話そのものの力によって十分なリアリティが現出されていることである。その演出の構成と想像と努力は素晴らしく、構想された場面を実際に役者とその演技でそれに近づけていく、その指導はとても大変なものであったろうと想像されるのである。

 

レンタル掲示板
/30